投資

投資初心者でもクラウドバンクでの利益2万円突破!【実績公開】

うしくん
うしくん
投資始めてみたいんだけどおすすめの投資方法ある?
てらこー
てらこー
それならソーシャルレンディングはどうだろう?
うしくん
うしくん
ソーシャルレンディング?
てらこー
てらこー
うん!クラウドファンディングみたいにみんなから集めたお金で事業を行い、利益から融資した金額に応じて分配金が支払われる仕組みだよ。
うしくん
うしくん
へぇー。なるほど。個人が銀行の役割を果たす感じなんだね。
てらこー
てらこー
そうそう!今回はいくつもある中から私が1番利用しているクラウドバンクについて説明するね!

この記事は

  • 投資をしてみたいけどどんな投資方法があるの?
  • ソーシャルレンディングって何?
  • クラウドバンクって何?
  • 株価の値動きに左右されない投資方法はないの?

という悩みを解決するために書きました!

投資初心者の私がなぜ

  • ソーシャルレンディングで投資を始めたのか。
  • クラウドバンクを選んだのか。

投資初心者だからこその目線で説明していきます。

 

私のクラウドバンクでの実績公開

クラウドバンク

 

上図は私がクラウドバンクでの運用により得た2020年1月末までの累計分配額です。

着々と積み上がっており、ついに累計1万円を超えました!

※2020年5月で累計2万円を超えました!

 

期間としては2019年6月から始めたため8か月くらいですので月1,300円くらいの収益を得ている計算となります。

ではこの間私は何をしていたかと言いますと、お金を入金し、どの事業に投資するかを選んだだけです。いわゆるほったらかし投資というやつです。

 

追記(2020年2月までの累計分配額)

2月は2,120円の分配がありました。

 

追記(2020年3月までの累計分配額)

3月は2,398円の分配がありました。累計15,000円を超えました。

 

追記(2020年4月までの累計分配額)

4月は2,997円の分配がありました。投資額を少しずつ増やしているため分配額も増えてきました。

追記(2020年5月までの累計分配額)

5月は2,992円の分配がありました。これにより累計分配額が2万円を超えました!

全国的にコロナの影響が出ている中、安定して分配金が受け取れるのはとてつもなくありがたいです。

他の投資で損失が出ていても心を落ち着けられるためクラウドバンクの良さを改めて実感しました。

 

追記(2020年6月までの累計分配額)

コロナの影響が今後どうなるか読めないためなるべく手元に資金を置いておくことにしました。

つまりクラウドバンクでの投資額も減らしたため分配金は少し減っています。

それでも今月も安定して分配金が受け取れているのは本当にありがたいですね。

そしてコロナの影響を感じさせないクラウドバンクの強さには本当に驚きです。

 

ソーシャルレンディングとは?

今までは企業側(借り手)も大金が必要であるため、大きな元手がないと優良な投資をすることは厳しいと言われていました。

しかし、インターネットを活用し、ウェブサイト上で多くの個人投資家から小口の資金を集めることで大きな資金を融資することが可能となりました。つまり、1人で必ずしも大金を用意する必要はなくなったということです。

このお金を借りたい会社(借り手)お金を貸して運用益を得たい(貸し手)をマッチングするサービスをソーシャルレンディングと言います。

 

お金の貸し借りはもちろん無料ではなく、お金を借りた企業は利息を支払う必要があります。その支払われた利息が個人の融資した金額に応じて分配されるという仕組みです。

個人投資家が銀行の役割を果たしていると考えていただければイメージしやすいのではないでしょうか。みんなが少額資金を出して作った銀行ですね。

繰り返しになりますが、この簡易的な銀行と企業をつなぐのがソーシャルレンディングです。

 

クラウドバンクとは?

クラウドバンク

 

クラウドバンクはソーシャルレンディング事業を行っているサービスの一つです。

その実績としては

応募総額→844億円(2020年3月時点)

実績平均利回り→6.99%(2019年3月末までの3年間に運用終了したファンド実績値)

融資元本回収率→100%(2020年3月時点)

素晴らしすぎてむしろ怪しいくらいの実績を誇っています。笑

特に融資元本回収率100%は他のサービスではまずありえません。

※ただし、将来もずっと100%を保証するものではありません。

 

コンセプトとしては「待つだけ、資産運用」を掲げており、私も運用を始めてみてそのすごさを実感しました。本当に待つだけなんです。。

待っているだけで毎月分配金が入ってきますし、投資先を選ぶ際に目標利回りが示されているためどれくらいの金額が分配されるかがわかります。

もちろん少額での投資可能で、最低1万円から投資ができてしまいます。これなら投資初心者でもハードルが低く、始めやすいですよね。

 

なぜ私がクラウドバンクで投資を始めたのか

なぜクラウドバンクで投資を始めたかと言いますと、単純にメリットとデメリットを比較して、メリットの方が大きそうだと思ったからです。経験してみないと何事も分かりませんしね。

 

メリット

 

少額で投資できる

ソーシャルレンディングの仕組みを利用しているため当たり前と言えば当たり前ですが、最低1万円から投資できます。

この金額であれば最悪投資に失敗しても諦めがつくなということで私が始めるときのハードルがぐっと下がりました。

 

利回りが高い

平均利回りは6.99%です。これは銀行の普通預金の金利が0.001%であることを考えるとなんと驚異の6990倍です!

もちろん投資は必ず成功するものではありません。それでも普段使わないお金を何も考えず銀行に預けておくくらいなら、一部をクラウドバンクに預けてみてもいいのではないでしょうか。

銀行:100万円を預けると1年で10円の利息

クラウドバンク:100万円投資すると1年で69,900円の利益

リスクが怖いという人はお金が増える可能性すら放棄してしまっているわけです。

 

ほったらかしでいい

毎日暇で仕方がない人や、トレーダーを生業としている人は画面を見続けて株やFXを売買することもできるでしょうが、忙しく働いている方はそうもいきません。

仕事している間に大きく下落してしまったり、せっかく上がったタイミングを逃してしまったりということもあるでしょう。

その点、クラウドバンクでは毎日の値動きを気にする必要はありません。お金を投資した後はほったらかしておけば、毎月お金が振り込まれます。

逆に言うと私たちにできることは「待つことだけ」ということであり、忙しい人にもピッタリの投資です。

 

安心感がある

クラウドバンクに限らず投資に絶対はありません。しかしクラウドバンクはこれまで元本回収率100%を維持しています。

これは過去に投資してきた人たちが損をしていない何よりの証拠です。

どうせ投資を始めるのであれば元本回収率が95%のサービスより、100%の方を選びたくなるのは当然ではないでしょうか。

現に私も今まで投資してきて分配がなかったり、投資した資金が返ってこなかったことはありません。

 

常に投資先が用意されている

実は私はクラウドバンクの他にもソーシャルレンディングのサービスを利用しています。

他のサービスと比較した時のクラウドバンクの利点は常に投資先が用意されていることです。

他のサービスだと〇月〇日〇時に次の案件を募集します!といった感じで投資先が伝えられ、その時間は応募者が殺到します。(私は何度もこの戦いに敗れています。。)

つまり自分が投資したいタイミングで投資できるとは限らないわけです。

その点クラウドバンクでは常に3つほどの投資先が用意されているため、投資したいタイミングで投資ができます。

 

手数料が無料

せっかく利益が出たのに何かと手数料がかかって、せっかくの利益が減っていくのが私は大嫌いです。

その点クラウドバンクは、口座開設手数料0円、販売手数料0円、出金手数料も0円です。さらに即時入金を使えば入金手数料も0円です。

思わぬ手数料にがっかりすることもありません!

 

即時入金できる

手数料のところでも触れましたが、即時入金が可能です!

他のサービスでは入金しても反映されるのは翌営業日だったりということはザラです。(投資したいと思っても反映が間に合わないことも何度か経験済みです。)

そういったストレスなく、資金があるときにすぐ投資できるのは大きな利点です。

 

サイトが見やすく、操作しやすい

これは私の感覚的な部分ですが、クラウドバンクはサイトが見やすく、直感的に操作しやすいと実感しています。

他のサイトはモバイル対応していなかったり、どこから出金できるのかわかりづらかったり、そもそも見づらかったりということがあります。

しかし、クラウドバンクでは使っていて困ったことは一度もありません。

これは意外と重要なメリットではないかと思っています。ストレスがないからこそ使い続けているのかもしれません。

 

 

デメリット

 

もちろんメリットだけではありません。正しいデメリットも理解した上で利用するか判断することが重要です。

メリットしかないものはまず疑った方がよいでしょう。そんなものはまずありません。

 

貸し倒れリスクがある

クラウドバンクの安心感から私も時々忘れそうになりますが、あくまで投資なので、事業がうまくいかなければ投資した金額より返ってくる金額が下回る可能性もあります。

なるべくそういうことがないように、不動産を担保にし、万が一の時には処分して資金を回収する仕組みがあったりします。

ただし繰り返しになりますが、それでも投資した資金を下回る可能性があることは忘れてはいけません。

(おすすめの投資の仕方としては、投資案件を一つに絞らず複数に分散することです。)

 

似たような案件が多い

常に投資先が用意されているとは言ったものの、いつも似たような案件(太陽光発電事業等)ばかりになりがちです。

これではいくつかの案件に投資しても結局は同じような事業なので、分散投資にならないというデメリットがあります。

リスクを抑えるには、できるだけ異なる事業や地域、期間で投資することをおすすめします。

 

短期運用の案件は少なめ

何をもって短期運用というかは人それぞれかと思いますし、長期運用したい方には全く関係ない話ですが、6か月未満の投資案件はあまりありません。

本当に使わない資金だとしてもしばらく返ってこないと不安になる方も多いでしょう。

3か月程度であれば問題なく投資できるでしょうが、10か月とかになると少し不安に思ってしまうのは私だけではないはず。

先のことは読めないですからね。

ということで短期間の投資案件が少ないことはデメリットとさせていただきます。

 

まとめ

  • ソーシャルレンディングとは個人でも少額から企業に融資できる制度
  • クラウドバンクはソーシャルレンディング事業を行っているサービスの一つ
  • 6.99%の平均実績利回り、元本回収率100%を維持している
  • 最低1万円から投資可能
  • 手数料無料で即時入金可能
  • ただし貸し倒れリスクが今後も無いとは言い切れない
  • 運用期間がある程度かかるためあくまで余裕資金での運用をするべき

銀行に預けていても増えない時代、給料も大して上がらず、生活が楽にならないからこそ給料以外でお金を稼ぐ方法はないかと誰しもが考えるでしょう。

しかし仕事もしながら副業に時間を割くことはなかなか難しく根気がいることです。

また、投資をしようと思っても株価の値動きの変動が毎日気がかりな方や、含み損を抱えている状態が精神的にストレスになる方も多いでしょう。

そんな方は少額からで構いませんのでぜひクラウドバンクを試してみてください。

毎日の値動きを気にすることなく、待つだけで運用を行ってくれます。

 

特に銀行に預けているだけのお金がある方はその一部を運用に回してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら→クラウドバンク

クラウドバンク

 

 

ちなみに私も後から気づいたのですがLENDEXとの併用が最強かもしれません。

クラウドバンクとLENDEXの併用が最強投資法である3つの理由!ソーシャルレンディングでおすすめはどこ?と聞かれたら私はクラウドバンクとLENDEXの併用をおすすめしています。一つに絞った方がいいんじゃないの?って思われるかもしれませんが、実はこの2つはお互いのデメリットを補い合う関係になっているんです。併用すべき理由3つを紹介します!...

 

全世界の社会的に意義のある活動に投資したいと思うならこちら。

世界の意義ある社会活動に貢献する投資ならクラウドクレジット一択!せっかく投資をするなら社会的に意義のある活動に投資したい!日本だけでなく全世界にお手軽に投資できるサービスはないだろうか?そんな方におすすめなのがクラウドクレジットです。クラウドバンクやLENDEXといった他のソーシャルレンディング事業者と比較した時のメリット・デメリットを紹介します!...